From Atrier

アトリエや旅先から届ける
“服とデザインと日常“

魚柄-2

洋服の生地の絵柄やプリントを
「図案」と言います。

絵柄やプリントのデザインを手掛ける人のことは
図案家(テキスタイルデザイナー)と
呼ばれます。

会社員時代 
洋服のデザインをしていく中
オリジナルプリント柄の服は
ブランドの顔になるため
プリント生地の制作は常にセット。

展示会 シーズンのたびに
プリント柄を何種も作り
図案出しにも追われていたことを思い出します。
そのお陰もあり図案を作ることは得意に。

図案を手掛けることは
自然な流れでした。




魚柄の図案を作っています。
私の図案作りはアナログな作業から
始まります。

モチーフ(魚)を紙出力し
実際にバランスを見ながら
感覚で置いていきます。

この置いていく作業そのものが
生地の柄のベースとなり
柄になっていく瞬間。

この“手作業“ で
ずっと図案を行っています。




図案はパソコンでもできますが
パソコンの四角い限られた枠の中でのバランスに
いまいち慣れず…

微妙な角度や空間など
実際の大きさでのバランス
手作業ならではの感覚の方が好きです。

この手作業で図案を作ったら
データ処理化していきます。

図案作成は
日にちを置いて見直したり
遠くの距離から眺めてバランスを見たり
数日かけて行っていきます。







collection▶︎▷
m-ida-collection.blogspot.com
 洋服のコレクションをまとめたサイトです。
 ぜひご覧ください。